運営現場をアップデートする! こんにちは、バリューマネジメントセンターです!

運営現場をアップデートする! こんにちは、バリューマネジメントセンターです! サムネイル画像
 
41af1e82

たかた

LINE Fukuoka Press編集部の髙田です。

私は、会社の業務効率化や品質改善を横断的にサポートし、LINE Fukuokaの価値の最大化を目指す「バリューマネジメントセンター」に所属しています。

組織設立から2年が経過した今、これまでの活動やその中で感じたことを共有したいと思い、LINE Fukuoka Pressでの発信に挑戦することにしました。

今回はまず、私たちバリューマネジメントセンター が何を目指しているのかを簡単にお伝えします。
「価値の最大化?」「バリューマネジメント?」と、頭に「?」が浮かんだ方にこそ読んでいただけると嬉しいです!

3行で伝える『バリューマネジメントセンター』

1. 「LINE Fukuokaの価値を最大化する」ことを目的に生まれた全社横断組織

2. ユーザーへさらに高い価値を提供するため、サービス運営に携わる組織で積み重ねてきたノウハウを整理し、進化をサポートしている

3.  進化を支えるために自らが成長し続ける



バリューマネジメントセンターってどんな組織?
2013年の設立以降、年々規模が拡大し、担う業務の幅も広がっていったLINE Fukuoka。

日々新たなサービスが生まれて運用も変わっていく中、業務効率化や品質改善に取り組みたいけれども、運営組織が現場を回しながら行うことは至難の業…。

こうした課題を解決し、 「LINE Fukuokaの価値を最大化する」ことを目指して生まれた組織が、会社横串で運営のサポートを行う『バリューマネジメントセンター』です。

価値の可視化を担う『Value Management室』とツール開発・改修を担う『Global Operation室』の2室で構成され、常に連携しながら、経営企画、業務設計、ITを活用したツールの設計・運用などによってLINE Fukuokaの価値の最大化をサポートしています。


lfkpress_0122_VMC002

バリューマネジメントセンターは2019年に組織が設立され、これまで主に4つのカテゴリに取り組んできました。

主な4つのカテゴリ
  1. 可視化 :経営や運営のコンディションを可視化する
  2. 標準化 :業務やツールを組織横断で標準化する
  3. 効率化 :ツール改善・RPA開発により運営業務を効率化する
  4. 先進性 :データ分析や予測により運営を高度化する



何をしているの?

lfkpress_0122_VMC003_2
「LINE Fukuokaの価値を最大化する」ことを目指して、バリューマネジメントセンターでは 運営組織が積み重ねてきた経験やノウハウを一度整理し、ユーザーにさらに高い価値を提供するための進化をサポートしてきました。

例えば、Value Management室では経営や運営現場で意思決定がスムーズに行えるように、複数のツールに点在していたデータを一括管理できるダッシュボードを構築したり、どのような観点でデータを見て判断すればよいか、指標設計の段階から現場に入って支援したりしています。

Global Operation室では、ツールの力を使って日々増えていく業務を効率化し、ユーザーにより快適なサービスを提供できるように、小回りの利くRPA開発部隊などを自組織に持って間接業務の自動化を推進しています。
また福岡を拠点とする開発部署と連携し、業務ツールの改修や新機能の実装など幅広く運営現場の効率化をサポートしています。


知っておいて欲しいこだわりポイント
  • 運営と近く信頼し合える関係を
  • Team Fukuokaで変化に適応していく
  • 運営現場の進化を支えるために自らが成長し続ける

管理手法や業務ツールは仕事道具だと考えています。
毎日、何十何百回と使用するものになるので、常に進化し続けるLINEサービスを支えるためにも常にメンテナンスをする必要があります。
私たちバリューマネジメントセンターは運営に合わせた仕事道具を整備し変化に合わせて最適化していくことに努めています。

また、常に進化するサービスとその運営組織を支えるためには私たち自身も成長し続けなくてはなりません。
自らの成長が「LINE Fukuokaのサービス運営に携わる組織」、そして「彼らが世界中のLINEユーザーに届ける価値」に繋がっているんだ!  と日々意識しながらスキルを磨いています。


3行で伝えると…

  1. 「LINE Fukuokaの価値を最大化する」ことを目的に生まれた全社横断組織
  2. ユーザーへさらに高い価値を提供するため、サービス運営に携わる組織で積み重ねてきたノウハウを整理し、進化をサポートしている
  3. 進化を支えるために自らが成長し続ける

今後も「分かりやすく」をコンセプトに、プロジェクトの具体的内容を発信していく予定ですのでご期待ください!

ico_sns_ttl LINE Fukuoka 公式SNS

ブログ記事更新のお知らせや
LINE Fukuokaの最新情報を配信中!